10月7日()〜8日()

 

佐世保市の展海峰はコスモスで有名だが 九十九島を見下ろす

景色も良いというのでそこを見てから 長崎まで西彼杵半島の

西側をドライブした。途中の大島町で宿泊。

素晴らしい夕日を眺めることができた。

二日目は 海岸沿いを南下して外海で遠藤周作文学館と

出津文化村に寄り大村市へ。立ち寄り湯の後、帰路へ。

 

入り組んだ半島の西側はずっと海沿いの道を走るルートで

お天気の良さとあいまって素晴らしい景観だった。

この看板にはいつわりはなかったわねd(*⌒▽⌒*)b

多島海の美しさが手に取るように広がる

ここに立って見ると島伝いに飛んでいけそう?なぁ〜んてねっ!

♪美しき天然♪タイトルは知らなくてもメロディーは口ずさめるよね

新西海橋。橋の下には歩道が付いているので見学しながら渡れる

ここは大村湾の出口 針尾の瀬戸

新西海橋

西海橋

平戸へ行こうか? 長崎へ行こうか?

道の駅みかんドームで。大きなカボチャが・・・120kg!

大島大橋を車中より撮る

炭鉱跡にたつ井上光晴の碑

崎戸町にあるトンボの生息地ホテイアオイが満開だった

太田尾の教会は坂の上の曲がりくねった道の奥に建っていた

「星のなる木」光を受けてキラリと反射すると星のように見える

この展望台に上って夕日を見ることにした

 

 

平目一匹丸ごとの刺身、まだ他にサザエのつぼ焼きや天ぷらも!

有名店の料理長だったというご主人は料理自慢

今日も快晴のようね

朝日がキラキラ映えて そうそう、夕べの満月も綺麗だったなぁ

金のなる木のまわりにイセエビねぇ(☆▽☆)/

ハマユウ

「沈黙」の舞台となった外海、貴重な資料が分かりやすく展示される

フランス人宣教師 ド・ロ神父の偉業を伝える記念館

ド・ロ神父がフランスから100年以上前に取り寄せたオルガンをシスターが弾いてくださり ご一緒に歌いました♪

この海の彼方には大きく広がる世界がある。朝日に輝く海・昼の真っ青な海・夕焼けに染まる海。

いろんな表情を見せながら穏やかだった海。今回の旅はお天気に恵まれて優しい海を見ることができた。