2010年11月21日(月)22日(月)

 

友人たちと別れてから中京区壬生の

叔母の家に泊まりました。

 

家の近所のお寺巡りと四条の繁華街

二条城の秋景色を楽しみました。

 

壬生寺

壬生狂言の寺として有名なのだが、新撰組の屯所だった(八木邸)が近いことから、新撰組のゆかりの寺としても知られている。

隊士の服装をした若者二人に出会ってびっくり!神妙に手を合わせて何をねがっているのでしょうか?

本尊は、延命地蔵菩薩。本堂の隣にたくさんのお地蔵様が祀られていました。

京都には古い洋館も残っていて、郵便局などとして上手く利用されているのが良い感じ。

ショーウィンドウに足袋が飾られ、鏝絵の窓が残り、暖簾は古い伝統を感じさせる。路地の奥に何があるのか?

興味津津、入ってみたくなる店構え。古い物と新しいものが交錯している京都の町であった。

「酢屋」は材木商である。川の水を利用しての運送業もしていた縁でしょうか?坂本龍馬が2階に寄宿していたそうです。

灯りの付いている2階が龍馬の住まっていた部屋だったそうです。現在10代目の当主が切り盛りして材木商を続けている

そうですが、材木の倉庫と製材所は、偶然ですが叔母の家の道路を挟んだ向かい側にあるのです。びっくりしました。

龍馬の話を残す神社・武信稲荷神社

 

三条通り商店街から入った路地にひっそりとある神社

ひときわ目立つ大木は「エノキ」と言う木

樹齢850年だそうである。

龍馬が幹に『龍』という字を刻んでおりょうさんへの

伝言としたと言われ、縁結びの「縁の木」となっている。

それにしても、見上げるとどっしりと幹が太くて

枝を四方八方に張り巡らせて、小さな人間を見下ろして

いるようだ。見守っていると思った方がいいのだろうね。

素晴らしく大きな木の生命力に感動した!

 

神泉苑は無料で開放されている池のきれいな庭。

一年間の恵方に向けて台座を毎年回すという社がここにある。

二条城は公孫樹がきれいだった。

この季節限定で公開される御庭を拝見。